本文へジャンプ
ホーム > 料理プロデュース > 基本の米パンレシピ

料理プロデュース

基本の米パンレシピ

たくさんのお問い合わせ、リクエストにお答えして、野の花工房の基本の米パンレシピを再掲載いたします。
どうぞご活用くださいネ。

米パンレシピ

[1] 材料を正確に計ります。

材料を正確に計ります。
福井県産米粉パンミックス粉 100% 200g 400g
ドライイースト 3% 6g 12g
砂糖 6% 12g 24g
スキムミルク 5% 10g 20g
2% 4g 8g
バター 15% 30g 60g
80% 160g 320g
※おいしいパンを作る場合は、しっかり計量することがポイント!
※野の花工房のお勧めする米粉「福井県産米粉パンミックス粉」は、カリョー様から購入できます。

[2] 材料を混ぜて、こねます。

材料を混ぜて、こねます。
  • 1.米粉パンミックス、砂糖、スキムミルク、イーストを良く混ぜ合わせます。
  • 2.その後、塩を入れ再度混ぜ合わせます。
  • 3.適温の水を少しづつ入れこねます。(写真)
    【ポイント】※適温とは、40から粉の温度を差し引いた温度です。
    (例 粉の温度15℃の場合 40−15=25 なので25℃が適温)
    冬はぬるま湯。春、秋は常温の水。夏は冷水を目安にして下さい。
  • 4.ひとかたまりになったら、バターを3〜4回に分けて入れます。
  • 5.5分程こね、指が透けて見える程薄く伸びたらこね上がり。
    *この時の生地温度が 27〜30℃になっているのが理想的です。

[3] 70gに分割します。

70gに分割します。
  • 【ポイント】生地を平らにしてスパッと切って下さい。
  • なめらかな面が表にたくさん出る様に分割すると、焼き上がりがきれいになります。

[4] 成型します。

成型します。
  • 1.表面を張らせるように、でもやさしく丸めるのがコツです。
    発酵して大きくなるので、間隔をおいて天板に並べましょう。

[5] 発酵させます。

発酵させます。
  • 1.25分から30分、30℃〜35℃の所で乾燥に気をつけて、発酵させます。
    【ポイント】発酵時間はあくまでも目安です。こねあげ温度やその日の気温などで変わってきます。 あまり大きくなって無いと感じたらしばらく待ってみましょう。
  • 2.発酵が終了したら、艶出し用の卵を薄く塗ります。
  • 3.ハサミで上部をカットします。

[6] オーブンで焼きます。

オーブンで焼きます。
  • 1.180℃に予熱したオーブンで12分焼きます。
    【ポイント】それぞれのオーブンにはクセがあります。12分たっても焼き色がつかない場合は、(特に電気オーブン)予熱を高めに設定して下さい。焼き色が付かないからと長く焼いていると、パサパサカチカチになってしまいます。
  • 2.ふっくらおいしそうに焼けたら出来上がり。
※おいしいパンを作る場合は、しっかり計量することがポイント!
※野の花工房のお勧めする米粉「福井県産米粉パンミックス粉」は、カリョー様から購入できます。

料理講師・プロデュース等のお問い合わせ

野の花工房では「時間と手間をかけた食べ物には、人を元気にするチカラがある」という想いのもと、日々の暮らしの中で料理と向かい合い、そこで生まれる「人との出会い」を大切にする料理を作り続けていきたいと考えています。
詳しくはお問い合わせフォームよりお問い合わせ下さい。

工房へのお問い合わせ

その他、野の花工房の詳しい活動については、野の花工房ブログをご覧ください。

ページトップへ

野の花工房について
写真

自宅隣に設けた、手作り石窯のある「野の花工房」を主宰。
自然と食材に恵まれた福井で、日々日常の料理を愉しんでいます。

料理家プロフィール
野の花工房ブログへ
野の花工房の業務案内
小さな石窯プロジェクト

石窯体験教室のご案内・お申込み

家庭用薪オーブン「炎〜ほむら〜」のご紹介

家庭用薪オーブン「炎〜ほむら〜」のご紹介

地場産食材のプロデュース

地場産食材の料理・食イベントの講師実績等

インドネシア料理の研究・試作

日本向けインドネシア料理・香辛料の研究

その他のリンク
パートナーリンク
フードソムリエ

家庭用薪オーブン「炎〜ほむら〜」
野の花工房の石窯のノウハウが詰まった
家庭用薪オーブン「炎〜ほむら〜」のサイト。

フードソムリエ

プロが提案する食とくらしのポータルサイト。
野の花工房も料理家としてレシピの掲載や、特集インタビュー等に応えています。